通信教育で通訳になるためにはどうすればいい?資格取得から就職まで

通信教育で通訳になるためにはどうすればいい?資格取得から就職まで


通訳という職業は、経験を積むほど世界に羽ばたけることができ、いろんな場面で国際交流に貢献することもできる職業でもあります。結論から言うと通訳に資格は必要ありません。ここでは通訳に役立つ資格から通信教育、そして就職について紹介します。

通訳者の種類

会議通訳

国際会議や学会などで活躍しています。ハイレベルな専門知識・通訳スキルが求められるので、通訳者の中でも最上位にランク付けされます。会議通訳の仕組みは、通訳者は専用ブースに入り、ヘッドホンでスピーカーの声を聞きながら通訳をします。聞き手はレシーバーを通して通訳者の声を聞きます。

ビジネス通訳

商談・プレゼンといった企業活動内で行われるものです。採用された分野の専門知識が必要で、重要なビジネスの成功に繋がるため、冷静な対応が問われます。お客さんの主張を把握し、異国の文化の違いなどにも配慮した上で通訳をする必要があります。

放送通訳

外国のテレビ放送などを日本語訳して伝えます。外国だけでなく、日本の番組を外国人に向けて訳す場合もあります。放送通訳の仕組みとして、通訳者は前もってVTRを見た後に本番に臨むことがほとんどですが、緊急のニュースなどの場合ぶっつけ本番で通訳します。

通訳ガイド

外国人観光客を案内します。正確な通訳と少々異なり、日本での正式名称は通訳案内士と呼ばれます。通訳ガイドは観光客と同行し、観光先の文化や歴史を説明します。初対面の人を案内し、情報を伝えて相手の印象に残すことは難しいことですが、やりがいがあります。

資格取得について

資格はいらない

通訳として働いていく中で必要となる資格は特にありません。あなたの語学力のスキルを磨き、多様な経験を積むことで評価を上げ、その繋がりでより大きな仕事をゲットできます。しかし、自身の通訳スキルを仕事相手にどうして伝えればいいのか悩むところです。そこで、通訳としてのスキルを証明できるものとして、団体が行っている通訳検定があなたを助けてくれるでしょう。

国家試験

国家試験の通訳案内士は、日本で一つの語学通訳に関連するものです。英語・イタリア語・スペイン語・ドイツ語・フランス語・ポルトガル語・ロシア語、アジア圏では中国語・韓国語・タイ語から選んで受験できます。語学試験と違う点は、1次試験で語学についての筆記試験があること、日本の政治や歴史などの一般常識試験が挙げられます。さらに、2次試験の口述試験では、外国語を使って通訳による案内をする必要があります。ちなみに、この試験は日本政府観光客が行っており、例年だと1次試験は8月、2次試験は12月に行われています。

オンライン英会話

通訳に資格は必要ありませんが、いざという時のためにオンライン英会話で予行練習することをおすすめします。自宅で学べる上に、スクールによってプロの通訳も実行するようなトレーニングを用いたカリキュラムを組んでいることもあります。放送通訳のようにぶっつけ本番で通訳するケースもあるので、受講して損はないと思います。
無料レッスンや講師などオンライン英会話の比較ならこちらから

就職について

企業の専属

初めに就職先として挙げられるのが、国際取引を頻繁に行っている民間企業での社内通訳です。貿易関係や国際的に展開されているメーカーが社内通訳の代表と言えます。多くの日本企業では、専門用語を使い、外国企業と複雑な取引をします。その場合、社内専属の通訳を取引に同行させたり、テレビ電話を用いて通訳させたりします。専属ではない場合、普段は別の仕事をしながら、通訳の仕事を掛け持ちすることもあります。

政治・自治体

行政機関内には、国際交流の窓口だったり、産業活性化のために海外との貿易を促したりする部門が設置されています。一般公務員として就職し、海外からのお客さんなどの通訳をしたり、海外とのやりとりで通訳経験を活かした業務をしたりしています。また、フリーランスの場合、エージェントに登録して依頼を待って、派遣先の企業などで通訳の仕事をします。フリーで生活することを考えている人は、得意なジャンルを複数持って、他の通訳者に負けないハイレベルな知識をもつことが必要となってきます。

まとめ

通訳になるための資格はいりませんが、海外で使われる日常会話以上にスラングなどの言葉まで、新しい知識を吸収し続ける必要があります。オンライン英会話といった通信教育を利用して語学のスキルをアップさせましょう。

The following two tabs change content below.
あの仕事Get

あの仕事Get

あの仕事Getは資格やスキルが必要な仕事にスポットをあて、どのゆな資格が必要なのか。取得の難易度などについて解説しているサイトです。