人気の資格!トリマーの資格と仕事について

人気の資格!トリマーの資格と仕事について


トリマーは実力があればいつでも仕事を始めることができます。そのため、資格が必ず必要という仕事ではありませんが、資格を取得しておくと知識や技術を証明でき、就職する時に有利になります。
ここでは、トリマーの資格と仕事について説明します。

トリマーの資格

資格を取る方法

トリミングの技術を身に付けるために、2年ほどトリマー育成の専門学校や通信教育で学ぶことができます。専門学校で取得できるのは初級の資格の場合が多いです。専門学校を卒業して就職、トリマーとして経験を積みながら、上級の資格を取るために勉強し続ける人も存在します。
また、上級の資格は一定期間の実務経験がないと受験できないものもあるので、数年かけて経験しながら資格取得を目指すことになります。このように、ハードルが高いため、上級の資格を持っているだけで高い実力を証明できるので、トリマーの専門学校などで講師として務めることもできます。
トリマーの資格は種類が多く、資格によってトリマー業界で認知度が低いと評価されないこともあります。専門学校や通信教育を受ける前に、あなたがどんな目的で資格を取りたいのか明確にしましょう。

トリマーの資格の中でも最も有名なものがジャパンケネルクラブ(JKC)です。この団体は、日本最大の「犬」に関する組織で、血統書の発行などを行っています。そして、ジャパンケネルクラブが発行している資格が「JKC公認トリマー」となります。

試験内容や難易度

ジャパンケネルクラブでは、技術・経験レベルによって、C級・B級・A級・教師・師範の5種類の資格を発行しています。
ここでは、C級からA級について紹介します。

受験資格

C級

ジャパンケネルクラブ主催のトリマー養成機関に入学し、所定の過程を終了した後、卒業試験に合格するとC級の資格を取得できます。それ以外の方法として、2年以上ジャパンケネルクラブの会員歴があり、資格試験に合格する方法があります。

B級

ジャパンケネルクラブ主催のトリマー養成機関に更に1年在学し、所定の過程を修了することでB級を取得できます。もしくは、C級を取得して2年以上経過した後、試験を受けて合格するとB級トリマーになれます。

A級

ジャパンケネルクラブ主催のトリマー養成機関に更に2年在学し、所定の過程を修了することでA級を取得できます。もしくは、B級を取得してから3年以上経過した後、試験を受けて合格するとA級トリマーになれます。

難易度

筆記試験は制限時間50分で7割以上で合格、実技試験はカットで制限時間は2時間、筆記試験と同じく7割以上で合格となります。
C級の資格試験では約9割の人が合格すると言われています。専門学校や通信講座によって、資格試験の合格率を発表している場所もあるので、確認してみましょう。

仕事内容

トリマーの仕事は犬や猫などの毛を整える(トリミング)ことです。人が美容院などに行って定期的に髪を整えるように、ペットも整えることで見た目を綺麗に保つことができます。

どんなスタイルにするか話しあう

トリマーはトリミングサロンやペットショップなどで働いています。お客さんが見えたらまずはどのようなスタイルにするか話し合います。犬でも種類によって似合うスタイルは異なります。例えば、トイプードルだと定番なのがテディーベアカットで、ぬいぐるみのように愛くるしいスタイルになるといった具合になります。飼い主によって、ペットのスタイルに強いこだわりを持つ人がいるので、理想形を確認した上で、飼い主が求めるスタイルにすることが非常に大切です。そして、飼い主の要望に応えるには確かな技術が必要となります。

トリミング

ペットのスタイルが決まったら作業に入ります。初めに全身をシャンプーして汚れを落として、ドライヤーで乾かした後にしっかりブラッシングします。大型犬だと、この作業だけで苦労します。
その後、カットに入ります。この時、カットだけでなく、カラーを入れたり飾りを付けたりします。

健康面もチェック

トリマーはヘアスタイルを整えるだけでなく、ペットの爪を切ったり耳掃除をしたりします。その過程で何か異変に気付いたらペットを大きな病気から守ることができます。トリマーは技術はもちろん、病気や栄養など動物に関連する多くの知識を知ることも必要となってきます。

まとめ

小型だけでなく大型も扱うため、体力が必要な職業ですが、動物が好きな人にとってやりがいのある職業と言えます。専門学校ではなく、通信教育で学ぼうとしている人は講師に直接指導してもらえるスクーリングが受けられるところを選びましょう。

The following two tabs change content below.
あの仕事Get

あの仕事Get

あの仕事Getは資格やスキルが必要な仕事にスポットをあて、どのゆな資格が必要なのか。取得の難易度などについて解説しているサイトです。