ネイリスト イメージ

女性が取得したい資格No.1!ネイリストの資格と仕事


ネイリストは女性が取得したい資格No.1として絶大な人気を誇っています。
最近ではネイルサロンも様々なところで展開されているので、ネイリストの人気はますます高騰していくと思われます。
今回はネイリストの資格取得方法と仕事内容について紹介します。

ネイリストとは

現在ではネイリストといえば、爪にきらびやかな装飾やアーティスティックな模様を描くなどの「ネイルアート」の仕事ばかりが想像しがちですが、元々は割れてしまった爪や薄くなってしまった爪を保護するなど「手や爪をケアする仕事」がはじまりです。手や爪をケアすることで、ネイルアートが映えるような状態にする仕事と言ってもいいかもしれません。
ちなみに、「ネイリスト」は日本ネイリスト協会が広めたものなので、日本やアジアの一部でしか通じません。外国では「マニキュアリスト」か「ネイルテクニシャン」と呼ばれています。

ネイリストの資格取得方法

ネイリストになるために絶対に取得しなければいけない資格はありません。しかし、自分のネイリストとしての実力が分からないとなかなかお客様も来てくれません。
日本にはネイリストとしての実力を証明することのできる有名な検定が2種類あるので、実力のあるネイリスト目指すならどちらかは取得しておきましょう。

ネイリスト技能検定試験

「ネイリスト技能検定試験」は日本ネイリスト検定試験センターが主催しているネイリストの認定試験です。
1~3級に分かれていて、3級は基本的なネイルアートやケアに関する知識があり、ネイリストを名乗ることができる実力が認められます。あくまで初級的な扱いなので、正しい手順でネイルケアなどが行えれば合格できます。
そして、2級はサロンなどでも問題ない技術レベルを持っていること、1級はネイリストとしてトップレベル、プロといっても差し支えない腕前を持っていることが証明されます。
3級以上は前の級をしっかり合格していることが受験資格になるので、自分の実力がどのレベルまで通用するのかが分かるため、ネイリストを目指すなら一度は受けてみることをオススメします。

ネイルスペシャリスト技能検定試験

「ネイルスペシャリスト技能検定試験」はインターナショナルネイルアソシエーション(I-NAIL-A)が主催している認定試験です。
初心者向けのA/SA級とプロ向けのPA/AA/AAA級の二種類があります。また、筆記と実技に分かれているのも特徴です。
A級は学生や初心者が多く受験し、合格率もかなり高いのですが、プロ向けのAA級やAAA級ともなると合格率は10%まで落ち込み、合格が一気に難しくなります。
しかし、ハードルが高くなっているぶん、AAA級を持っていればかなり箔がつくともいえます。この2つのほかにも「ジェルネイル技能検定」が創設されたり、これらの試験に合格するための講座が開設されるなど、ネイリストの資格は広がりをみせています。

ネイリストの仕事内容

ネイリストはサロンや美容院で働いたり、独立して自分の店を開業したりするのが一般的です。なかにはネイルの専門学校などで講師になる人や、チップを作ってネットで販売するなど少し変わった働き方もでてきました。
ネイリストへの転職を考えている人が増えているそうですが、ネイルサロンなどが各地で着々と増えはじめ、店鋪ごとの競争も激化しています。闇雲に独学でネイリストを目指すのではなく、スクールや通信講座などでしっかりと知識や技術を身につけ、認定試験によるお墨付きをもらってから本格的に活動をはじめるのがオススメです。
また、今後も一風変わったネイルアートの技術が開発されることは十分考えられるので、新しいことを積極的に取り入れていく姿勢も大切です。

まとめ

ネイリストは女性の憧れの職業のひとつです。
実力を証明する認定試験も増えはじめ、今後も広がりをみせる職業といえます。

The following two tabs change content below.
あの仕事Get

あの仕事Get

あの仕事Getは資格やスキルが必要な仕事にスポットをあて、どのゆな資格が必要なのか。取得の難易度などについて解説しているサイトです。